海外宝くじ購入ガイド! 〜購入方法・トラブル・法律...〜

海外宝くじの購入に関して、法律面はどうなっているんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、前提として、日本人はギャンブルを運営してはならず、また、
日本国内では、許可されたギャンブル以外に賭けてはなりません。

 

 

 

公営ギャンブルである、競馬や、toto、宝くじなどは、
法律で特別に許可されている” ため、我々は楽しむことが出来るんです。

 

 

 

 

では、海外のオンラインギャンブルは??

 

 

 

 

 ...と言いたいところですが、少々脱線しまして、
 上記の公営ギャンブルに入っていない、”パチンコ” についてみていきましょう。

 

 

 

 日本で、一般的にギャンブルとして認識されているパチンコは、
 実は、特別法で許可されたギャンブルではないんですね。
 実は、風営法の下で営業のできる、”遊戯” なんです。

 

 

 

 遊戯として営業するため、三店方式といった抜け穴?を強引に用意して、
 パチンコ店のみ認められた?、特別な換金方法を用いているんです。
 (詳しくはページ一番下で解説しています)

 

 

 

 ということで、日本国内のオフライン(実社会)の世界では、
 公営ギャンブルしか認められていないというのが、現状です。

 

 

 

 

では、話は戻りまして...

 

 

 

 

 オンラインカジノやブックメーカー、海外宝くじ(購入代行サービス)は、
 海外企業の運営する、オンライン(インターネット上)のギャンブルです。
 (オンラインカジノ、ブックメーカーの情報、こちらもページの一番下からご確認ください!)

 

 

 

 こういった海外の企業は、
 正式に(国や地域から)許可されたライセンスを保有して運営しており、
 完全に合法なギャンブルとなっています。

 

 

 

 

日本人はこれに賭けていいのか悪いのか...

 

 

 

 

 日本人がオンライン上にある海外企業のギャンブルに賭けても、
 取り締まる法律が無いため、”違法とはならない” というのが、大方の意見です。

 

 

 

 ただ一方で、「違法になる可能性もある」 といった意見も存在しますが、
 検挙するには、”賭けた側と、賭けさせた側の、両方を検挙する必要がある” ため、
 海外企業の捜査には莫大な費用が掛かり、「まず検挙されない」 と言われています。
 (今までに違法となった判例はなく、検挙すら聞きません)

 

 

 

 現在、日本ではこういった海外企業のオンラインギャンブルが、
 大流行の兆しを見せており、日ごとに利用者が増えていっているといった状況です。

 

 

 

 プレイされている方の大半は、こういった細かい事情は気にすることなく、
 「そこにあるからプレイする」 といった感じだとは思いますが、
 一応、こういった事情があるのも、頭に入れておいてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

あるブックメーカーでは、2013年凱旋門賞の賭け金の半分以上が、日本からによるものでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刑法187条2項

 

 

 海外宝くじ法律に関しては、
 オンラインカジノやブックメーカーとは少し、異なっています。

 

 刑法187条第2項に、日本国民は公営ギャンブルの宝くじ以外、
 購入してはならないと、定められていまして、これが、

 

 「購入代行サービスを通じての購入が、宝くじの購入にあたるかどうか」
 (判例がないので何とも言えませんが)

 

 といった問題があります。
 ただ、上記にもあるよう、捜査対象が海外企業のため、スルーされているのが現状です。

 

 

 

 

三店方式

 

 

 三店方式とは、「”店舗・換金所・問屋” が、完全に独立して運営されている」
 といった前提の上で成り立っている、換金方法です。

 

 まず、店舗が客に玉を貸し出し、客はこの玉を増やして、”景品に交換” する。
 (景品:換金所に持って行くアレです)

 

 次に、客は店舗で手にした景品を、換金所で、”質入” します。
 その後、換金所が問屋に景品を質流しし、店舗が質流し品を買い取る...

 

 こういった、”完全に運営が独立した三店間” において、
 景品とお金のやり取りが、グルグルと行われている...これが、三店方式です。

 

 

 

 

 

 

オンラインカジノ
ブックメーカー
トップページ